やってみよう、自作ホームページの簡単作成!

レンタルサーバーを探そう!

ホームページ(以下HP)を作成するために第一にすることは「自分の作ったHPを置いてくれる場所(サーバー)」を見つけることです。慣れてくると自前でサーバーを用意することも可能ですし、費用もさほどかかりませんが、とりあえずはサーバーを貸し出してくれるサービス(レンタルサーバー)を探しましょう。昨今では無料レンタルサーバーも多数存在しますので、検索エンジンで「無料」「レンタルサーバー」などのワードで検索し、無料で使えるレンタルサーバーを探してみましょう。

ホームページの基本的な書き方を学ぼう!

HPは原則として「HTML」という簡易なプログラミング言語で書かれます。「プログラミング言語」というと敷居を高く感じてしまう人も多いかもしれませんが、HTMLはプログラミング言語の中では比較的簡易な構造をしています。閲覧者の入力に対してリアルタイムで応答するような高度なHPを作るためにはやや専門的な知識を必要としますが、昨今のブラウザは非常に優秀ですので、正規の文法から外れた記述であっても、ある程度ならばきちんと表示することが可能です。まずは検索エンジンで「HTML」「文法」などのワードで検索し、必要最低限の知識を仕入れ、試しにHPを作り、前段で探したレンタルサーバーにアップロードしてみましょう。

HTML文法を難しく感じた時の助け船!

「HTMLは簡易な言語」と述べましたが、人には得手不得手というものがあります。HTMLが難しいと感じた時には「ホームページビルダー」を使ってみるという手もあります。これは作り手が入力した内容をHTML言語に変換してくれるソフトウェアの総称です。無償で使える場合もありますので、HTML言語の学習が難しい場合には是非試してみて下さい。

ホームページ制作には、ウェブデザインやSEO対策、セキュリティ対策など様々な専門スキルが必要となります。